99. その他のボディピアス体験談

のっちゃんさんのボディピアス・チェストの体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

チェストをピアッシングニードルを使ってセルフピアッシングしたボディピアス体験談


—< 基本情報 >——————
ピアッシングした部位:チェスト(鎖骨あたりのボディピアス)
ピアッシングの方法(場所):セルフ:自分自身でピアッシング
使用した道具:ピアッシングニードル10G、洗濯ばさみ
使用したジュエリー(ボディーピアス):サーフェイスバー12G

iconicon

—< 鎖骨のボディピアス・チェストのをあける方法 >——————
排除されてしまったチェストにまた挑戦。10Gのニードルと12Gのサーフェイスバーを用意。
チェストは自分的に全く痛くないし固くもないのでやりやすい。血はいっぱいでるけどまあ許容範囲内です。
簡単に貫通。
するのですがサーフェイスバーが毎度のこと入りません(笑)
何回もニードルで開け直しながら苦戦。
最終的にニードルさしたまま洗濯ばさみで周りの皮膚を固定して、なんとか入りました(笑)
排除されやすい部位なので、排除されるまで大事に可愛がりたいと思います。
サーフェイスバーが付け辛いって方は、ニードル刺したまま上下に洗濯バサミをつけて固定し、ニードルの尻にサーフェイスバーを接合させながらやるといれやすいです。

—< のっちゃんさんの鎖骨辺りのボディピアス・チェストの写真 >——————
のっちゃんさんの鎖骨辺りのボディピアス・チェストの写真のっちゃんさんの鎖骨辺りのボディピアス・チェストの写真(拡大)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ボディピアッシング.JPへのお問合せ・投稿はこちら

コメントを残す

*