09.性器ピアスの体験談

Snakeさんのリバースプリンスアルバートのピアッシング体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Snakeさんの男性器のボディピアス「リバースプリンスアルバート」をピアッシングニードルを使ってセルフピアッシングされた体験談です。

—< 基本情報 >——————
ピアッシングした部位:リバースプリンスアルバート
ピアッシングの方法(場所):セルフピアッシング
使用した道具:ピアッシングニードル、コルク、フォーセプス
使用したジュエリー(ボディーピアス):バナナバーベル(14G、内径14mm)

—< Snakeさんの男性器:リバースプリンスアルバートのボディピアッシング体験談 >——————
先日練習でニップル入れたら割と上手く行ったので、本命のリバースプリンスアルバートに挑戦。
ニップルと比べて、触ると柔らかいのでニードルは通りやすいはずと推測してはいました。

14Gx14mmのバナナバーベル
金属製の筒状のフォーセプス
コルク
TKTXクリーム
オキシドール
テラマイシン
カット綿
を準備。

実行一時間前に亀頭にTKTXをたっぷり盛る様に塗り、サランラップで巻きます。
一時間経って、感覚がないのを確認。
風呂場で全裸になり、洗い流します。
TKTXが包皮に付いたのですが、包皮の亀頭の境目が少し腫れました。ブヨブヨとした感じ。ただ、後で腫れは引きました。
きれいにしたらフォーセプスで思い切り挟みます。
(先天的な尿道下裂で尿道口が開いているので、フォーセプスで挟みやすいです。)
TKTXが完全に効いており挟んでも何も感じません。
(金属のしっかりしたフォーセプスなので、挟んだだけで少し血が出ました。)

挟むのと並行して、バナナは洗ってからオキシドールに漬け込んで消毒。滅菌済12Gニードルを開封して中にテラマイシンを詰めます。

しかし、さすがに亀頭貫通は怖い。
痛みや出血を気にして凄く躊躇いましたが、思い切っていきます。
フォーセプスに下からコルクを当てがい、上からニードルを押し込む。
一瞬抵抗がありましたが、力を込めたらスッと通りました。
血も思ったより出ず、何よりTKTXのおかげで痛みが全く無く、驚きました。
尿道、ローラム、ニップルなど立て続けに明けて練習になったので、我ながら手際も良かったと思います。
ただ、緊張して少し悩んだりしたのがいけなかった様で、知らないうちにフォーセプスが僅かにズレたらしく、下側が少し浅い位置でしたが、あんまり深いとキャプティブビーズリングに替えた時にバランスが良くなさそうなので結果オーライでした。

しばらく血が出るので、シャワーでたまに流しながら全裸でYouTubeなど視聴して、あまり血が出なくなるまで待ってから風呂場から出て、カット綿を亀に巻いてサージカルテープで固定。
念の為抗生物質と痛み止めも飲みます。

痛くもなんともないので、その日普通に過ごしました。
カット綿も一日ニ回変えましたが、あまりたくさん血がつく様な感じでもないです。
二日目もじわっと血が滲む程度。

まだ経過観察必要ですが、びっくりするくらいスムーズでした。

■ピアッシング後のケアやポイント
今までしたピアスの中で一番簡単に出来ました。
ただ、非常にデリケートな位置なので、セックスは何ヶ月か我慢して、ケアは気をつけようと思います。
オナニーも暫く控えなくてはならず、禁欲は辛いです。

とりあえず簡単に出来ましたが、危険もある部位なので、何かあった時に対応出来る病院であけるのをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ボディピアッシング.JPへのお問合せ・投稿はこちら

コメント

  1. Snake より:

    後日談です。
    開けた翌日は全く血も出ず、すぐに血が止まりましたが、バナナだとボールが当たってホールに良くなさそうなので、キャプティブビーズリングに変えましたが、どうもこの僅かな期間で既に排除に向かっている雰囲気です。少し様子見て、ホールの位置が動いている様なら大事になる前に外し、もっと深い位置に再度チャレンジします。
    気のせいで、そのまま安定すれば良いのですが。

コメントを残す

*