09.性器ピアスの体験談

Snakeさんのドルフィン(男性器)のピアッシング体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Snakeさんの男性器のボディピアス「ドルフィン」をピアッシングニードルを使ってセルフピアッシングされた体験談です。

—< 基本情報 >——————
ピアッシングした部位:ドルフィン
ピアッシングの方法(場所):セルフピアッシング
使用した道具:ピアッシングニードル、ニードルレシーバー
使用したジュエリー(ボディーピアス):バナナバーベル(14G、内径12mm、ボール4mm)
iconicon

—< Snakeさんの男性器:ドルフィンのボディピアッシング体験談 >——————
プリンスアルバートしたかったのですが、先天的に尿道下裂の奇形があり、先端の下から亀頭の根元にかけて尿道口が空いているので諦めました。
代わりに、尿道途中に穴を開けてドルフィン風にする事にしました。

・14Gニードル
・バナナバーベル(14G、内径12mm、ボール4mm)
・ニードルキャッチャー(8G)
・キシロA
・テラマイシン軟膏
・オキシドール
・ベビー用綿棒
・カット綿
・紙テープ
・極細マジック
・定規
を事前に用意。

ニードル、ピアス、ニードルキャッチャーはオキシドールにつけ込んでおき消毒。

下半身は以前から剃毛済み。風呂場できれいに洗い、よく水気を切りました。
定規で距離を測り、開けたいところにマジックでマーキング。
(まっすぐのところに太そうな血管があり、1ミリ程度脇にずらす。)
開けるあたりにキシロAを塗り、綿棒を使って尿道内にもキシロAを塗布。
待つ間にニードルのお尻にテラマイシンを詰め、血が吹き出すのを防ぎます。
また、バナナバーベルのボールを一つ外します。
何となくキシロAが効いたなと思ったので、ニードルキャッチャーを尿道に突っ込みます。
痛くはないです。
ニードルをマーキングした場所に刺しますが、グニャグニャして刺さりづらく、ニードルレシーバーを外れて刺すと怖いので、たまたま有った幅一センチ弱の口腔用の金属の棒を消毒して代わりに突っ込み、それに向って思いっ切り刺したら上手く行きました。
血は結構出ましたが、すぐに収まりました。
見えにくくなり滑るのでオキシドールで流します。
ニードルのお尻にバーベルを押し当て、接続してニードルを押し込みますが、接続部が穴に差し掛かったところで引っかかり、滑って外れました。
そうしたら穴にピアスねじ込もうとしても全く入らず、その日は諦めました。

接続を簡単にするために、12Gのニードルを注文。
届いたら同じ手順で再チャレンジしました。

今度はニードルのお尻にビアスがすっぽり刺さるので安定して接続されています。
太い分、なかなか刺さりませんでしたが、刺さったあとは血もほとんど出なくて簡単でした。
するっと押し込み、ピアスが通りました。
少し血が付いているのでオキシドールで流します。
少しシャフトが短かったので、ボールキャッチをつけるのがかなり大変でした。

■ピアッシング後のケアやポイント
不潔になりやすい部分と思い、緊張しましたが、少し気を使うだけで特に問題は無さそうでした。

優しく石鹸で洗って清潔を心がけるだけです。
数日は湯船に浸かるのは避け、運動やアルコールも控えました。
2日目には全く血もにじまなくなり、傷の痛みもあまりなくなりました。
最初血が滲むかと思い、カット綿でペニスを包みましたが、綿がシャフトに絡んで残るので、逆に不潔でやめました。
その代わり、小便後は拭いてから洗う、テラマイシン軟膏をきちんと塗る、という形にしました。

下着を履くとき勢い良く履くと、安定しないうちは危ないのでソフトに履くのがポイントです。

なお、ボールが4mmのバナナはスルッと尿道に入ってしまい、座りが悪いので、良くないとは思いましたがすぐにもう少し長い14mmの12Gのバナナで尿道側はたまたま有った8mmのボールをつけました。
ちょうど良かったのですが、慣れないうちは異物感が凄く、気持ちよくてすぐ勃起してしまったり、ずっと気になってしまうので、またすぐに内径14mmの14Gのキャプティブビーズリングに換えましたが、小さいので引っかかりも少なく快適です。
ちょっと細くて頼りないので後日いくらかはゲージアップしようと思います。

この手のピアスは皆さん小便に困ると言うのが気になると思いますが、私の場合、ソフトに出す分には普通に出来ました。
思いっきり力を込めたら飛び散りましたが…。

まだ開けてから間もなく、ホールを痛める可能性があるので、セックスは出来ませんが、ずっと禁欲状態で異物の刺激も強いので、ピアスには触れない様にソフトにオナニーしてみましたが、かなり気持ちよく新鮮でした。

勃起すると最初に測った距離より大きくなって遠くなるので、ピアスは少し余裕を持ったサイズが良いと思いました。

デリケートな所なので、清潔に気を配り、安定するまででは無理をしないのが良いと思います。

決してこういった部位へのピアシングやセルフピアシングをおすすめするものではありませんが、思ったよりハードルは低く、自分でやった達成感もあるので、やって良かったと思いました。
性交渉する女性達以外には見せることも無く、知人にも話しませんが、自己満足度は高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ボディピアッシング.JPへのお問合せ・投稿はこちら

コメントを残す

*